クリスマスキャンペーン 卓上カレンダープレゼント お試し8点セット 音色試聴コーナー
 
バリ島について
バリ島について

【概要】

州都:デンパサール(34州からなるインドネシア共和国の1州にあたる)

面積:約5,633km²(バリ島) ※面積は東京都のおよそ2倍半

人口:約300万人 

通貨:ルピア Rupian(Rp)
紙幣はRp.100、500、1000、5000、1万、2万、5万、10万、の8種類
硬貨はRp.25、50、100、200、500、1000

言葉:共通語はインドネシア語だが、バリ人同士の会話ではバリ語も使われている。

時差:-1時間(日本が正午の時は、バリ島は午前11:00)

電圧と電源:インドネシアの電圧は220ボルト、周波数50ヘルツ
(日本の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器とアダプターが必要)

気候:赤道直下の熱帯性気候のため、雨季と乾季の季節があります。
5月〜10月が乾季で、湿度があまり高くないので過ごしやすいですが、
11月〜4月は雨季となり午後になるとスコールが見られることもあります。

宗教:島民の約85%はバリ・ヒンドゥー教徒
(インドネシアではイスラム教徒が国民の約85%を占める中、特異な文化を受け継いでいる。)

バリの伝統芸能:バロン・ダンス、ケチャ、レゴン・クラトン

◎バロン・ダンス・・・陽の象徴である聖獣「バロン」と影の象徴の魔女「ランダ」が対立し、終わりのない戦いを演じる。
◎ケチャ・・・上半身裸に腰布をつけた男達が炎を中心に車座を組み、チャッ、チャッと叫ぶ大合唱の中で信行する。
◎レゴン・クラトン・・・チョンドン(女官)、ラッスム王、王にさらわれた姫が登場し、神鳥ガルーダに変身したチョンドンが王と闘う。




バリの美術工芸:イカット、絵画、銀細工、石彫、木彫、グリンシン、バティック、バスケットなど